中性脂肪を下げる方法

中性脂肪

中高年になると、お腹の周りがブヨブヨと贅肉が付きやすくなります。

この贅肉の大半が中性脂肪だと言われています。中性脂肪の別名はトリグリセリド。脂肪組織を総称する体脂肪の素です。

3つの脂肪酸とグリセロールという物質で結びついているんです。何かと目の敵にされている中性脂肪ですが、実は人間が生きて行く中では無くてはならない働きをしてくれるのも中性脂肪なんです。

中性脂肪はエネルギーの貯蔵庫として働いてくれます。身体を動かすエネルギーとして、通常は血液の中に含まれる糖分が使われます。

しかしこの糖分が不足してしまった場合には、中性脂肪がその変わりの働きをしてくれるのです。

また寒い冬などでは外気から身体を守り、体温を一定の温度に保ってくれるのも中性脂肪です。

ある実験では、痩せてる人と太っている人が冷凍庫に入った場合、太っている人のほうが長時間冷凍庫に入っていたという事もあるほどに、中性脂肪は大事な働きをしてくれるんですよ。

また中性脂肪はクッション材の働きもしてくれます。内臓を衝撃から守ってくれるのも中性脂肪なのです。

しかし必要以上に中性脂肪を溜め込むのは問題です。肥満のなるだけではありません。


>>中性脂肪を下げる

中性脂肪値が高くなってしまうと、今度はなかなか分解できなくなってしまい、エネルギーに変換されない中性脂肪が悪玉コレステロールとなり、血液がドロドロになり高脂血症に発展してしまうのです。

必要以上の中性脂肪は、大病を患うこともありますが、中性脂肪が少なすぎるのも問題があるんです。なんでもほどほどが良いのかもしれませんね。

中性脂肪を下げる方法メニュー

中性脂肪を下げる方法リンク